読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうの生活

生産ブログ。思うままに文章を書いてみます。

友達は僕に 教えてくれる

とりあえず書いてみた

夜中は

なぜついついブログを書きたくなってしまうのか。

しかし毎度ものすごく無産なことを書いている気がする。または不毛とも言うか。不毛としか言わないか。まあ夜中だからね。心理学的に言うと「意志力」ってやつが低下してるんだなと。はてさて。

 

堂々としている人は素敵だなと。

 

ここから 今日の本題。

ものすごく堂々としている友達を、僕は知っている。彼女はまるで自分の弱さを隠そうとしない。なんだかなんだか この加工修正だらけの世の中 ふと、その人が素敵だなと。

その人は自分のプロフィールに「人生が楽しい」と書いている。ただそれだけ、書いている。屈託もない、淀みもない。なんだか、冗談みたいに。僕なら書けるだろうか。いや、書けない。書いたとしてもすぐ消すか そんなもん嘘だ。自己紹介で嘘をつくのは就職活動の面接だけでもうじゅうぶんだ。こりごりって感じがする。

ただ、もしかしたら友達は嘘でそう書いてるのかもしれない。冗談で書いているのかもしれない。

でも彼女からは そんな冗談めいたものも 嘘のようなものも、感じない。ほんとのことはわからなくても これは大事なことだなと。嘘のように また 冗談のように感じさせない明るさやパワー、エネルギーが彼女にはある。

そしてそれを感じさせる根源は、自分を隠さない その堂々とした雰囲気とか生き方、明るさにあるんだなと。

 

友達が教えてくれることは、多いね。

 

よし、明日から僕も 明るく自分を生きてみよう。