読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうの生活

生産ブログ。思うままに文章を書いてみます。

文章で人の心を動かす!本紹介

今日は本のまとめではありません。紹介のみ、やります!

というのも、スマートフォンからの更新です。字を大きくしづらい、色が変えづらい。そして、相変わらず文字を打つのが遅い。慣れない。まとめなんて、できない。

相変わらずKindleちゃんをスリスリしてる毎日ですが、最近読んだ本の中で「文章を書くための本」に関して少し面白いものがあったので、是非皆さんに読んで欲しくなったのです。

 

 Kindle版、430円で買えます。安すぎる。(10/6現在)

 

まずこの本、とても読みやすいです!

必ず文章には読む人がいる。という観点から、句読点、ひらがなカタカナの使い方など、すぐに始められそうな部分からも読みやすい文章を書く方法を知ることができます。

人は文章を静かに読む時でも、無意識に息継ぎをし、話すように読んでいるんだと理解できます。

 

文章を書くための本なんて興味ねえよ!文章なんて書かねえよ!という方、実はあなたも日々LINEやメールでたくさん文章を書いてるはず!

ただ、そういった方にはこちらの本もオススメできます。

 

人を操る禁断の文章術

人を操る禁断の文章術

 

 「メンタリズムを使った文章術」で、相手の心を思うままに!

LINEなど、短い文章でやり取りする場合などに使えるテクニックも書いてあります。

まず、文章は「自分で書かない」んです。

「自分で書かない」ことによって、相手の心を思うように動かせる。本の中で最も印象に残っている部分です。

また、会話ではなく文章しか持たない力がある。文章だから人の心は動かせる。

この考え方も、参考になりました。

 

と、2冊、ザックリ紹介をしてみました。

内容に関してのまとめは、ぜひ後日させて頂こうと思います。

 

日頃の小さな文章のやり取りで、あなたも相手の心を動かせます。