読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうの生活

生産ブログ。思うままに文章を書いてみます。

楽観主義が上手くいくのはなぜか、まとめてみた!

心理学 読書まとめ ポジティヴ心理学 読書

今日のテーマは「楽観主義」! 早速ですがまずは参考文献を。

オプティミストはなぜ成功するか [新装版] (フェニックスシリーズ)

オプティミストはなぜ成功するか [新装版] (フェニックスシリーズ)

 

ポジティブ心理学の父」といわれる、マーティン・セリグマンさんの本です。

オプティミスト=楽観主義(ものごとをポジティブに捉える事ができる)ですね。

 

1.本のタイトルにもなってるけど、楽観主義は本当に成功しているの?

生きていると起こる身の回りのいろんなものごとに対して、あなたは自分が楽観的な方だと思いますか?それとも悲観的な方だと思いますか?

本の中では悲観主義も人生において大切な要素であるものの、楽観的にものごとを見ることができる人が成功している事例が多く語られており、楽観主義の大切さが語られています。

「というかその前にさ、楽観主義って具体的に何?楽観的な人ってどういう人のことをいってるの?」

と思われた方もいるかもしれません。

一応、本の中ではこんな感じで書かれてました。

 

楽観主義者とは

自分に起こる良いことに関しては→ずっと続くと考える人

例:「今日はついているな〜」悲観的な傾向(一時的)

  「私はいつもついているな〜!」楽観的な傾向(永続的)

一方、自分に起こる悪いことに関しては→一時的なものだと考える人

例:「もう、絶対立ち直れない…」悲観的(永続的)

  「今は気持ちが疲れているだけだ」楽観的(一時的)

いいことはずっと続くと考える。悪いことは今回運が悪かっただけだと考える。

 

また、普遍的、特定的という考え方もあり

「先生はみんな不公平だ」普遍的(悲観的)

「あの先生は不公平だ」特定的(楽観的)

こんな感じでした。先生みんな不公平と考えるのではなく、「あの先生は」不公平と考えることによってマイナスな考え方の範囲が広くならずに済みます。普遍的(悲観的)な考え方は、ある一つの分野での挫折によってその他のすべても諦めてしまう傾向に繋がるといわれています。

 

これらに関しては、本の中でセリグマン先生による楽観度計測テスト(質問が約50個ある、ちょっと長いテストでした)があり、それを受けると自分の楽観度について確実に深く知ることができます。

ちなみに僕がテストを受けると「非常に悲観的」という結果が出ました。。自分はどっちかというと楽観的だと思っていたのですが、、

 

さてさて、ここで楽観主義者成功の事例の一つをあげておきます。ある生命保険会社のベテラン社員を対象にした調査です。

  • ASQという、簡単に言うと楽観度を計測するテストにおいて、得点の高い上位半分の人々は下位半分の人々よりも営業において最初の二年間で平均37%多く契約を獲得。
  • 得点が上位10%の社員の契約獲得高は下位10%の社員よりも88%多かった

もう一つ、新入社員の雇用時にもASQを用いて楽観度を得点として計測。その後を調査。

  • テストで下位半分の社員は上位半分の社員よりも辞職率が2倍高かった。
  • 下位4分の1の社員は上位4分の1の社員よりも辞職率が3倍高かった。
  • 一方でキャリアプロフィールテスト(入社時に行われる職業適性検査)では最下位グループの人たちも最上位グループの人たちも辞職率に変わりはなかった(楽観度テストの結果が辞職率を予測した
  • 契約取得率に関して、上位半分の社員は下位半分の社員の8%多く獲得、2年目は31%多く獲得。

生命保険会社の社員さんにとって粘り強さや諦めない心、向上心は重要であり、それらは楽観主義から生まれていることがわかります。営業の電話をかけて1つ断られても、「次はなんとかなる!」(楽観的思考)と考えることにより、粘り強さを発揮しとにかく数を打ちまくることができ、その結果良い成績に繋がったと。前向きに仕事に取り組むことができたと考えられています。

実験結果だけでなく、マーティンセリグマンさんは本において

モーツァルトのような才能があっても、自分は上手く作曲ができないという悲観的思い込みがあるとすれば成功は難しくなる」と述べています。

何より、ものごとを楽観的に見れると、人生をもう少し楽に過ごせそうですよね。

 

2.じゃあ悲観主義は役に立たないの?

楽観主義が上手くいくのならそれを邪魔する悲観主義はいらないじゃないか!なぜ人間の進化の過程で悲観主義はなくならなかったの?

-将来のことを心配する能力があったからこそ私たちの祖先は更新世(氷河期)を生き抜くことができたのかもしれない。現代の悲観主義はその名残りではないか(No.2089)

また、悲観主義は現実主義の支えとなります。より慎重にものごとを見つめる必要がある時には、将来を見据えた落ち着いた考えが必要ですよね。

楽観主義でいくかどうかの基本的なガイドラインは、その状況で失敗した場合どうなるかを考えることだ(No.3544)

つまり:もし失敗しても大した被害がない場合は、楽観主義でいくべきだ(No.3544)悲観主義は大きなリスクをとるときに利用するべき!(慎重になれる)

 

3.悲観的なんだけど、楽観主義にはなれる?

ズバリ、なれます。セリグマン先生も楽観主義と悲観主義にはしっかりと選択の余地があるといってますよ!

ということで最後に、セリグマン先生が本で紹介している楽観主義に生まれ変わる方法を紹介しておきます。その名も...ABC日記!セリグマン先生によると、楽観主義に生まれ変わるためにABC日記を1日1回つけてみましょう。ということなのですが、とりあえず普通に「ABC日記?なんだそれ?」という感じですね。

セリグマン先生のいうABC日記、そもそもABCとは...

  • 困った状況(Adversity)
  • 思い込み(Belief)
  • 結果(Consequence)

の3つのことをいいます。

この3つに関して日記をつけてみるのです。

 

ABC日記の手順としては

1.日常のABCを記録。

A. 日常で困った状況が起こった時(私はダイエット中なのにたくさん食べてしまった)にそれを記録。どんなささいなことでもOKです。一日5つくらい見つけてみましょう。

B.そして次に思い込みを(私は無能だ、など)書き込みます。

C. 最後に結果(もう自分を制御するエネルギーが残ってなかった)を書き込みます。

2.そして1日に見つけた5つの記録を読み返し、思い込みの部分を見てみる。

思い込みの部分で悲観的な内容を書き込みがちな方は、この思い込みに楽観的な説明を書き込めるよう習慣を改めてみることによって、ものごとへの楽観的説明の習慣が身に付きます。

これが、ABC日記の手順!ものごとを楽な気持ちで捉えられるようになることによって、まずは人生が少し楽になるかも。

 

番外編:自己非難に距離を置いてみる

人はついつい自己非難をしがちです。でもその自己非難はただの思い込みであって、事実ではないかもしれないしれません。人は意外と自分自身のことを知りません。

他人にうるさく「おまえは何をやってもダメだ」と言われるときっと「私の何がわかるんだ!根拠のないことを言うな!」と反論できると思います。人は他人からの非難に対してはこのように距離を置くことができるのです。しかし、自分の事となると人は「自分は自分自身のことをよく知っている」と思い込みがちなので自己非難に対してなかなか距離を置くことができません

人は自分の事をそれほどよくわかっていない、だから自己非難にも大した根拠はないということを理解してみると楽になりますね!

 

今日のまとめ

  • 悲観主義は変えられる!ものごとをポジティヴに捉える習慣をつけるために、ABC記録を付けてみよう。
  • 自己非難に大した根拠はない、むやみに自分を責めなくていい。

 

セリグマン先生の本、これまたとてもとてもいい本です。友人関係、仕事の事など、きっとこの本を読むと楽になります。何より、先生特製の楽観度テストを受けられますよ☆ぜひご一読を!