読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうの生活

生産ブログ。思うままに文章を書いてみます。

読書の秋ということで、電子書籍と紙の本についてまとめてみた!

Kindle paperwhite 電子書籍 読書 Kindle

貴方は、Kindle Paperwhiteに触れたことはありますか?

また、Kindle Paperwhiteで読書をしたことはありますか?

 

突然の質問となりました、、すいません。私は最近、Kindleがめちゃくちゃ好きなんです(一応補足:Kindleとは、amazonさんから発売している電子書籍が読める端末のことです)

持ったときの手触り、スクリーンの感触、本物の紙の書籍のような読書感覚。

私自身、読書感覚ももちろんですが、それを上回って本体のサラッとした手触り、スクリーンのしわっとしたような感触がとにかく好きで、、そのために最近は紙の書籍よりも電子書籍をついつい買ってしまってるんです。

 

じゃあ、紙の本は買わなくなったの?と言われると...

 

私にとって紙の本は言うまでもなくもちろん、とてもとても魅力的で、変わらずに買ってます。読んだ本は本棚にたくさん並べていずれは部屋を図書館みたいにしたいと思ってるくらいです。電子書籍と違って形に残るという点が大きな魅力ですよね。

紙の本のほうが勉強や読書まとめがしやすいか?と言われるとKindleでもページに付箋を付けておく機能やマーカーを引く機能があるのでこの点ではそこまで差を感じていません。

ですが、紙の本は思いついたアイディアをそのままペンで本に書き込むことができます。Kindleはできません。本にどんどんアイディアを書き込む場合は断然、紙の本ですね。

 

一方、電子書籍は安いものが多くてこれがまた貧乏学生には助かる(最近、ずっと欲しかった1500円の本を200円で入手できました)さらに持ち運びが便利。紙の本のようにリュックの中で本が傷んでしまったりボロボロになってしまう心配はいりません。しかも実質、何冊も同時に持ち運びができます。

一応私は(前述の貧乏学生という言葉通り...)現在学生なのですが、電車での移動時間がなかなか長いのでKindleはめちゃくちゃ重宝してます。何しろデータを入れておけば何冊でも読みまくれるので!

他にも、次の予定まで微妙に空いた時間ができてしまったとき、友達が待ち合わせに遅刻してくるなんてときにもKindleを携帯していれば全く問題なしです。

ただ、電子書籍の大きなデメリット。形として残すことはできません。

 

結局、私は紙の本も電子書籍もどちらも大好きなんですよね。

Kindleの手触りが好き!とは言いましたが、紙の本ももちろん同じくらい好きなんです。要は使い分けって感じで。

基本的にはKindleにはお得な本(もちろん、お得なだけではなく内容的にちゃんと欲しい本)をたっぷり買って入れておく!ってことにしてます。その上で、もう内容がめちゃくちゃよくてこれは本棚に残しておきたいな...となった時、その時は本屋さんにも足を運んで紙の本も買うって感じです。

 

これから読書の秋ってことで...紙の本のみで読書を楽しまれている方は是非、手触りのいいKindle Paperwhiteで一度電子書籍を楽しんでみてください!こやつ、なかなかに便利ですよ~(手触り最高ですよ~)

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 ↑amazonさんのサイトで彼の魅力を知ることができます。

 

 

 

P.S.

本を読んで知識を増やすことを日常に取り入れてから、日ごろ生じる「無駄な時間」と言われるものを大幅に減らすことができてるなと感じてます。待ち時間や移動時間に関して「無駄な時間」は最近、基本的にありません(当たり前ですがこの点に関しては紙の本であろうと電子書籍であろうと同じですね)

待ち時間や、電車での移動時間、スマートフォンで他人の幸せを見たりゲームをしてる時間本を読む時間にしてみると、少しずつ新しいものが見えるようになりました。やっぱり読書そのものの魅力というのはすごいですね。